へバーデン結節・ブシャール結節の根本治療

sub_title

指先の痛み変形
あきらめていませんか?

ヘバーデン結節・ブシャール結節は、
症状を抑えられます。

2007年に長野市で「倉石整形外科クリニック」を開院以来、整形外科医としてこれまで数多くの患者さんを診察してきました。ここ数年でヘバーデン結節・ブシャール結節に関するご相談を非常に多く受けるようになり、遠方から受診に訪れる患者さんも少なくありません。

その症状については、当院サイトの院長コラムで度々解説してきました。

この病気はテレビや新聞などでも取り上げられることがあります。ヘバーデン結節・ブシャール結節でお悩みの方は多く、潜在的にはかなりの数の患者さんがいると考えられます。

一方で、根本治療に取り組む医師は全国的にも少ないのが現状です。「患者さんのお悩みを解決したい」。そうした思いで、当院ではヘバーデン結節・ブシャール結節の根本治療に取り組み、多くの患者さんの症状を改善してきました。

「治らないもの」とあきらめずに、
一緒に治療に取り組んでまいりましょう。

倉石整形外科クリニック 院長

倉石 譲治

こんな症状で
悩んでいませんか?

へバーデン結節

手指の第1関節が
腫れて熱感を伴って痛む病気

ブシャール結節

手指の第2関節が
腫れて熱感を伴って痛む病気

どちらも同じ病気で、圧倒的に
中高年(更年期)の女性に多く発症します。

へバーデン結節・
ブシャール結節の症状

  • 指の関節が痛む
  • 指の関節が赤く腫れている
  • 指の関節に変形がみられる
  • 指が曲がったまま伸ばせない
  • 指が曲がったまま伸ばせない
  • 爪の付け根に水ぶくれのようなでっぱりがある
    (ミューカスシスト)

ヘバーデン結節・ブシャール結節には
原因があります。

ヘバーデン結節・ブシャール結節は、診療ガイドラインでは「原因不明、治療は対症療法」とされています。病院を受診しても痛み止め薬を処方されることが多く、根本的な治療を受けられないのが実情です。
薬で一時的に緩和しても痛みは再発し、指の関節は変形してしまいます。一度変形した指は元に戻らず、それはとてもつらいことです。

へバーデン結節・ブシャール結節には、
はっきりした原因があります。

更年期には閉経に伴い卵巣の働きが衰えて、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が急激に低下します。
エストロゲンの分泌が低下すると、ホルモンによって調整されていた体のいろいろな機能がうまく働かなくなり、更年期障害と呼ばれる状態になります。

ヘバーデン結節・ブシャール結節は、
更年期障害の症状の一つなのです。

病態を見極めた根本治療
必要です。

当院では、ヘバーデン結節・ブシャール結節の症状を
しっかり抑えて変形を防ぐ
専門治療に取り組んでいます。

具体的には、女性の場合、低下した女性ホルモンを補充する治療を行います。
大豆に含まれるイソフラボンから作られる「エクオール」という成分から成るサプリメントを使用します。

エクオールは豆腐や納豆などの大豆食品を摂ることで体内で作られるものです。
しかしながら、日本人女性の場合、自ら作れる割合は約50%と言われ、若い世代にいたっては20〜30%しか産生できないという報告もあります。

エクオールを効率よく摂れるサプリメントを飲むことで、多くの場合はヘバーデン結節・ブシャール結節の症状が消失します。ホルモン補充療法だけで充分な効果を得られない場合、また、男性の患者さんには、ビタミン剤の補充療法を行います。

ビタミン剤は患者さんによって必要量が異なるため、
病態を見極めた上での補充が必要です。

患者さんの声

50代女性A様

指の腫れに気づき、他院を受診しました。医師からヘバーデン結節は治らないと言われ、あきらめきれずに倉石先生に診てもらいました。治療を始めて1カ月くらいで痛みは引き、今では腫れも治まっています。倉石先生には大変感謝しています。

40代女性K様

ヘバーデン結節のことは知っていましたが、まさか自分がなるとは思ってもいませんでした。痛み以上に指が変形してしまうことを思うと悲しくて、わらにもすがる思いでした。倉石先生から治療を受けたおかげで、変形には至らず痛みも改善しました。悪化する前に治療を受けることができて本当に良かったです。

40代女性M様

右手を曲げ伸ばしする時に薬指に違和感があり、1年ほど様子を見ていました。だんだんと痛むようになり、初めはリウマチを疑いましたが、倉石先生のコラム記事を読んで、ヘバーデン結節の可能性もあると思いこちらを受診しました。検査の結果、ヘバーデン結節と診断され、サプリメントによる治療を受けました。徐々に痛みが無くなり、半年ほどで違和感も消えました。先生を信じて治療を続けて良かったです。

早期の治療が大切
我慢せずにご相談ください

加齢性の疾患であることから、
「治らないもの」とあきらめている方も少なくありません。

へバーデン結節・ブシャール結節には原因があり、
治療によってその症状を抑えることができます。

我慢をせずに、指の変形が進む前に治療することが大切です。

指の痛みや腫れに悩んでいるという方は、お気軽に当院までご相談ください。
早期の治療に取り組んで、笑顔を取り戻しましょう。

オンライン診療の
ご予約はこちらから

当院では遠方の方でも受診ができるよう
オンライン診療も行っています。